STACK SYSTEM

Nuclease Cleaner ヌクレアーゼクリーナー


Nuclease Cleaner ヌクレアーゼクリーナー

◆Nuclease Cleaner (ヌクレアーゼクリーナー)


Nucleaseのコンタミ除去や防止に

ニュータイプのRNase / DNaseコンタミ除去剤です


コンタミ除去や防止

遺伝子を扱う場所ではRNaseやDNaseの除去が重要な課題となっています。 特にRNaseはオートクレーブでも分解除去できない酵素とされています。
【ヌクレアーゼクリーナー】は、これらRNase / DNaseを不活性化することが可能です。 さらに芽胞形態の真菌(カビ)類も除菌できます。


また本製品は、非アルカリ、非腐食性、非発癌性なので、皮膚に穏やかで、安全にクリーンな研究環境の維持管理ができます。
ヌクリアーゼクリーナー

■ヌクレアーゼクリーナーの使い方

1.実験台などの除去
専用スプレーで ヌクレアーゼ クリーナ を実験台表面 に直接噴霧し
ぺーパータオルで拭き取る。

2.器具・装置類の除去
ペーパータオルに十分量の ヌクレアーゼ クリーナ を 染み込ませ
器具の表面をよく拭くか直接噴霧する。
続いて、滅菌水を染み込ませたペーパータオルでよく 拭く。
最後に新しいペーパータオルで拭き取る。

3.プラスチック、ガラス器具類の除去
十分量の ヌクレアーゼ クリーナ を容器に注ぎ、撹拌し 内側表面全体に行きわたらせる。ヌクレアーゼ クリーナ を廃棄し、滅菌水にて2回撹拌しながら洗浄した後は 乾燥させる。


■保存方法
10℃以下の冷暗所で保管ください。    
(未開封で3ヶ月有効)



 ◆ご注文は 日本ジェネティクス(株)よりお問合せください。



▼Nuclease除去試験

対象溶液   : Nuclease Cleaner (ヌクレアーゼ クリーナー)
除去試験液 : Nuclease Cleaner
コントロール :滅菌水

Nuclease除去試験
RNase除去試験
の方法
・RNaseA(0、20ug)をマイクロチューブの底で乾燥させ
 たものとマイクロチューブに入れただけのものを用意
 する。
・対象溶液およびコントロール1mlを各チューブに加え
 て室温で1分間
・対象溶液およびコントロールを全て除去して、1ugの
 total RNA(100ng/ul、10 ul)を加える。
・37℃で60分置く。
・1%アガロースゲル電気泳動
DNase除去試験
の方法
・DNaseT(0、20U)をマイクロチューブに入れる。
・対象溶液およびコントロール1mlを各チューブに加え
 て室温で1分間
・対象溶液およびコントロールを全て除去して、1ugの
 ゲノムDNA(100ng/ul、10 ul)とMgCl2(25mM)を
 0.5ul加える。
・37℃で60分置く。
・1%アガロースゲル電気泳動
注:DNaseTはRNaseAと異なり、活性発現にはMgCl2が必要になるので、
  上記のように別途添加した。さらに、DNaseTは高濃度のグリセロールに
  入った状態のものを使用したので、乾燥出来なかった。従って、上記のよ
  うに溶液状態のままで試験を行った。


◆RNaseA除去試験の結果
コンタミ除去や防止


◆RNaseI除去試験の結果
コンタミ除去や防止

(※この試験は株式会社日本遺伝子研究所で行なわれました。)







 ◆ご注文は 日本ジェネティクス(株)よりお問合せください。




Copyright (C) STACK SYSTEM Co.,LTD . All rights reserved.

製 品 案 内

特 注 品 例





 
  • インフルエンザ対策に!!
      DISINOX・デシノックス
      除菌水の空間噴霧

     







  • 設計開発 製造のラインナップ 設計開発 製造のラインナップ 設計開発 製造のラインナップ 設計開発 製造のラインナップ